収納家具の上手な選び方|インテリアがグッと良くなる家Good

インテリア

きちんとサイズを測ろう

いす

収納家具を選ぶ際は、事前に自宅の壁の高さや幅などを図ることが大切です。収納家具を置くスペースが既に決まっている場合、そこに適したサイズの収納家具を購入する必要があるのできちんとサイズを測りましょう。購入した後に収まらなかったといったトラブルがないように注意する必要があります。また、幅木や下がり天井があるタイプのお部屋は、これらのサイズもきちんと計測しておきましょう。これらの部分は見落とす人が多くおり、購入した後に上手く入らなかったという場合もあるのです。また、収納家具は現在ある収納物のみを収めることだけを考えてはいけません。生活に応じて収納は日々増えていくことが考えられるため、20%程度の余裕を残しておく必要があります。今ある物を処分するか、もしくは大きいサイズの収納家具を購入すると適切です。

収納家具は片付けに便利なものを購入しがちですが、取り出しやすいものを選ぶとより適切です。片付けができても取り出すのが難しい場合、出しっぱなしにする可能性が考えられます。そのようなことがないためにも、取り出しやすく片付けやすいものを選ぶことが大切なのです。そのため、収納家具の扉にも気を使う必要があります。引き戸タイプや開き戸タイプ、折れ戸タイプなどさまざまなタイプがあります。それぞれに適した収納物があるので、収納するものに適したタイプの収納家具を購入しましょう。ちなみに、ちょっとした修繕や収納家具の扉を建て替えるなどの作業は、DIYで自ら施すことができます。最近では手軽にDIYができる商品やグッズが手頃な価格で販売されています。そのため、女性でも手軽に始めることができます。

簡単に節約できる

イス

塗装をDIYでやってみると、思っている以上に簡単に出来て、そして楽しい、ということがわかるはずです。節約にもつながるため、充実した暮らしを安く簡単に取り入れられる方法として有用です。

工事とDIYの価格を比較

内観

休日のちょっとした時間を使って自らお部屋のインテリアを施すDIYは、今女性から人気を集めています。リフォーム工事やインテリア工事を業者に依頼する費用と自らDIYをする費用を比べて適したほうを選択しましょう。

自分で行なうから楽しい

内観

DIYは自分で行なう日曜大工のことをいいます。リフォームや家具の修繕などを自分で行なうため、楽しみながらもお金を節約できるといった魅力があります。最近では手頃な価格でグッズを揃えることが可能です。